今こそクッション言葉を使いましょう!

新型コロナウイルスの影響で、ビルやお店に入る際に
検温やアルコール消毒が必須になっています。

これまで行って来なかった行動ですので
ささっと、スマートに行うことが求められています。

そのため、丁寧な説明もなく、またお客様の方も
それを「当然」と思って受け入れているようです。

しかし、お客様にとっても、これまで行って来なかった行動です。

これを丁寧にかつスマートに行うことで、お店の第一印象を
アップさせることができます。

その際に大事なのが「クッション言葉」です。

何かをお願いしたり、促したり、お断りするときに付け加える言葉です。

「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」「よろしければ」などなど。。。

「恐れ入りますが、検温をさせていただいてもよろしいでしょうか?」
「ご面倒ですが、アルコール消毒をお願いいたします」
などとお願いができるのと、黙ってただ「お願いします」と言って
指し示すだけでは全く印象が変わってきます。

クッション言葉はサービスの場面だけでなく、
日常生活で使えるようになるとコミュニケーションが
うまくいくと実感しています。

サービスのお仕事の方は日頃から意識して使いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です